重要資料・メモ等

資料紹介(絵画・色紙)

被告たちは第二審ごろから手紙・詩作に取り組み、最高裁段階からは画家岡本唐貴の指導と援助で杉浦三郎らが絵を描いて、支援者らに相当数が送られた。また、松川救援色紙展などにも出品された。(『松川運動全史』(1965年)383頁を参照)

タイトル(仮題)は松川資料室(伊部)がつけた。
サイズは縦×横(cm)、特に断りのないものは水彩画
作品の表裏に書かれた詩やメッセージはすべて採録した。
メッセージ …補正は最小限に留め、数字はアラビア数字に変えた場合がある。
必要に応じて簡単な補注を付記した。

なお、ここに公開しているものは、資料の一部である。

杉浦三郎 …第一審:死刑、第二審:死刑、勾留期間1949.10.4~59.7.1
「ひまわり」 …裏面にメッセージ(37×27) 1955.8.25

ひまわり1955.8.25ひまわり(裏面)1955.8.25

上村幸子ちゃん宛て …上村広氏(新潟県十日町市で工房を経営)の息女
先に向って燃ゆるが如く 咲きほこるひまわりの花
先に向ってほこらしげに すくすくとのびゆく幸子(さちこ)
1955年8月25日 杉浦三郎  
「寒ぼたん」 …上段に絵(25×22)、下段に8人のメッセージ 1956.2.1
寒ぼたん1956.2.1寒ぼたん(裏面)1956.2.1

 

全駐労JCE 石母田宗(たかし) 様   松川事件獄中一同
御・・・・・厚く御礼申上げます。御蔭様で寒さにも負けずに頑張っております。今後共よろしくお願申します。 杉浦 三郎   
皆様の御支援まことにありがとう御ざいました。心から御礼申上げます。本年は大切な年ですので全力をつくします。  阿部 市次
皆様の温い御援助に厚く御礼を申し上げます。今年は私達の決選の年でありますので全力をつくして参ります。何卒よろしく御指導を御願い申し上げます。 赤間 勝美   
多大な御厚情をいただき、本当にありがとう御ざいました。遠く仙台の獄窓より心から感謝の言葉を捧げます。今年は本当に最後ですのでどうか今後共よろしくお願いして止みません。不束ながら獄中より石母田さんの御健幸をお祈りしながら。 高橋 晴雄
正義の闘い仮りに敗れても後々まで伝統となって正義を守る力になる。勝利は再びくり返させない保障の砦となる、と信じています。皆さんの御援助をお願いします。 本田 昇
御心からの御力添に対し厚く御礼申上げます。今年こそどんな事しても犯人の汚名を返上する覚悟です。何卒いっそうの御指導、御力添をお願い申し上げます。 二宮 豊
心から御礼申し上げます。真実と平和のために全力をつくします。 鈴木 信
心からのお力添の心深く感謝いたします。真実の勝利に向って更にがんばります。御指導の程切にお願い申し上げます。 太田 省次 
詩(裏面)
冬の寒むさにもまして 冷たく見下す監視台
地獄の庭にも 太陽は光をそそぎ
寒ぼたんは 美しく色づいている
1956年1月 杉浦 三郎
「北富士」 …上段に絵(19×27)、下段に5人のメッセージ 1959.1.
北富士1959.1

 

国鉄労組新潟地本の皆様 松川事件獄中被告一同
激励のことばをいただき、心から感謝申し上げます。最善の努力をつくします。 本田 昇   
お配慮に感謝します。皆さんとともにたたかい、生きていることを自覚して進みます。 鈴木 信   
いつもお世話になってます。力強い激励のおことばを頂き、本当に有難うございました。全力をつくして参ります。 二宮 豊   
皆さんの逞(たくま)しい闘いにひきよせられて、私も此処(ここ)迄きました。あと一息と存じます。よろしく御指導下さい。御礼迄。 阿部 市次   
冬来りなば春遠からじ。皆様方のお力で勝利の日の近いことを信じて頑張っております。 杉浦 三郎
「紅梅」 …上段に絵(18×27)・下段に6人のメッセージ 1958.1.19
 
 
佐藤與一郎 様   松川事件獄中被告一同
いつも温かいお力添えをいただき御礼申し上げます、真実のために努力して参ります。 本田 昇    
おかげさまで元気でたたかっています。一貫して真実のために努力します。 鈴木 信    
いつもいつも大きな御厚情を頂き、本当にありがとうございます。貴方からの御支援は、必ず私たちの無実の真実を勝利させて下さることを確信しています。ここに私のすべてを込めて感謝の意を捧げます。 高橋 晴雄   
何時もお世話になっております、お蔭様で益々元気に斗っております。全力をつくして参ります。 二宮 豊    
心から御礼を申上げます。元気で全力をつくして参ります。今后共どうぞよろしく。 阿部 市次   
強い根と幹に守られた枝は切られたり折られたりする度にふえてゆき、嵐にも雪にもたえて大きくなってゆく芽のように、皆様に守られて強くなってゆきます。 杉浦 三郎   
 「アサガオ」 …上段に絵(22×18)、下段に8人のメッセージ 1955.8.15
 

 

伊藤 様    松川獄中の一同
この度は沢山の差入れ物を頂きまして有難う御ざいます。厚く御礼申し上げます。皆様のお力添えに見守られながら元気で趣意書作成に頑張って居ります。今后もより一層の御支援、御指導下さいます様お願い申し上げます。御健康祈ります。 赤間 勝美   
坂本さん、大野さんから御支援下さいましたことおききして感謝致しております。本当にありがとうございました。厚く御礼を申上げます。御健康を祈ります。 あべ いちじ  
差入れを有難う御座いました。厚く御礼申し上げます。朝つゆをけって飛出す蛙のように元気で頑張ります。 杉浦 三郎   
御支援と御援助に深く感謝いたします。昨日は坂本さん、大野さんより美味しいお差入れ沢山頂きまして、ほんとうにありがとうございました。この後共よろしくお願いします。 太田 省次   
福島の香りのする贈り物に接し、喜んでいます。平和と真実の力として受取りました。 鈴木 信   
わが郷土の人々からの贈りものと云うので、獄中ではとたんに万才を叫びました。福島の春は…包紙一つ一つにも万感の想いが出され、こんなうれしかったことは、近頃にありません。一層元気に、すべての真実のために頑張ることが出来ます。本当に有難う御座いました。 高橋 晴雄   
おくり物ありがとう御座いました。暑い毎日ですが、こんどの贈り物で須川の土人島を思い出しました。ごましををふったように賑やかでしょうね。 本田 昇   
心からの沢山の贈物を頂きまして有難うございました。御心からの御力添ひを感謝いたして居ります。今后共よろしくお願い申上げます。頑張ります。 二宮 豊   
(注)絵の左上に「朝だ 夜明だ 団結だ」、右下に握手の絵
上告趣意書 …1955.9.30が提出期限
須川 …本田被告の実家の北側を東流して阿武隈川に注ぐ川。
土人島…須川の対岸では子供たちが堤防から裸で飛び込んでいた。
                      提供者:伊藤よし子さん(婦人論研究会)