重要資料・メモ等

殺人はバレる

平成23年10月11日付けで掲載した文書に代えて、改めて訂正補筆版を掲載いたします。
/////////////////////////////////////////////
(訂正補筆版)
 平沢貞一(注:正しくは貞通 さだみち)は、帝国銀行椎名町支店の銀行員に赤痢の伝染予防ワクチンと称して得体の知れない毒薬をのませ、これを殺害した疑いによって現在裁判に付されている。しかし、この事件の捜査にあたっていた警官および高木検事や、当時事件の報道に従事していた新聞記者の多くは、この凶悪な犯罪があるアメリカ人によって行われたことを知っている。
 銀行員中の唯一人の生存者村田マサ子(注:正しくは正子)は、最初、犯人が苦しみもがいている犠牲者の頭をこづきながら「ノースピーキング」と言っているのを見たと証言した。
 警視庁は検視の後、ある種の細菌がこの殺人に用いられたことを知り、軍医中将石井四郎が組織した有名な「細菌部隊」(注:いわゆる731部隊)の全スタッフの捜査に乗り出した。この捜査が完了しないまま、突然中止されたけれども、細菌学者である一米軍中尉が真の犯人であることがわかった。この中尉は犯行後ただちに本国に帰った。
 唯一の生存者村田マサ子は多額の「口止め料」をもらい、この事件を追及していた読売新聞の一記者と大急ぎで結婚した。

 元の国鉄総裁下山氏の未亡人および子息は、下山氏がアメリカの手にかかって殺されたと確信している。変死の現場付近の地面に大きな米兵の靴跡が残っていた。殺害の時刻と思われるころ、アメリカの軍用トラックが現場付近の橋を通った事実を付近の一市民が警察に届け出た。また運輸省の一官吏(注:大津正)は、下山氏が一米人と一緒にアメリカ(製)の自動車に乗って、国会議事堂の傍を通ったのを見たと証言した。
 これらの証言は故意にしりぞけられた。さらにまた他殺の事実を確証した法医学権威者(注:東大医学部法医学教室古畑種基教授)の発表に対抗するため、警察は小宮博士(博士は収賄事件に関与して名古屋大学から追放されていた)をはるばる名古屋からよんで、国鉄総裁の死は自殺によると発表せしめた。
 世人の頭はこれらの矛盾した発表によってまったく混乱に陥入った。アメリカ当局が日本の警察に向って捜査を打ち切るように命じたため、その後はなんら本腰の捜査は行われなかった。

 

 

 
 
 
 
 
 さらにまた、一般に松川事件と呼ばれている有名な列車転覆事件についてもアメリカ人が責任者であることは疑うべくもない。
 これには目撃者が一人いた。彼はたまたま脱線の現場付近を通りかかったとき、約12人程の米兵が枕木からレールをはずしているのを見て、一体何をしているのだろうかとちょっと不審を抱いたが、多分レールの検査をやっているのだろうと自ら納得し、大して驚きもしなかった。
 ところが、この仲間に加わっていた一人の日本人が彼の跡をつけてきて、わが家の戸を開けようとするところを、うしろから日本語で呼びとめた。
 この男は彼に向って、その夜見たことを口外しないようにと告げた。「口外するとアメリカの軍事裁判にかけられる」とその男は警告した。もちろん彼はそれが何のことだかまったく理由がわからなかったが、ただ「言いません」と答えた。
 翌朝になって初めてわかった。彼はこの転覆事件に不安を感じ、胸がしずまらなかった。とくに、労働組合の指導者に嫌疑がかけられていることを新聞で読んだとき、ますます怖(おそろ)しくなった。
 それから5日後、一人の見知らぬ男がやってきて、彼に福島市のCIC(注:対敵諜報部隊)の事務所の位置を記した地図をみせ、「明日ここへ出頭して下さい。話したいことがあるそうだから」と告げた。
 この目撃者の名は渋川村の斎藤金作といった。彼は本能的に投獄されるかも知れないと感じ、その恐怖はさらに増した。そこで彼は(注:第一審判決が迫る1950年11月中旬に)自分の家を逃げ出し、横浜で三輪車(注:人力タクシー)の運転手をやっている弟(注:博)のもとに身を寄せた。そして彼自身も三輪車の運転手となった。
 しかし、彼が三輪車の運転手になって2ヵ月後、1950年(注:正しくは1951年)1月12日(注:黒人兵を乗せたまま)彼の行方がわからなくなった。彼が姿を消してから5日後、三輪車を見つけた警官が弟の博のもとに三輪車を届けてきた。車体にペンキで書かれていた住所によってわかったのであった。失踪して40日あまりの後、3月になって、博は彼の兄の死体が入江に浮いているのが見つかったと聞かされた。博と金作の家族は屍体を確かめに行ったが、そのときはすでに火葬されていた。金作の家族は検屍の結果をつぎのように知らされた。「傷を負っていなかった。右手は手袋をはめずに外套のポケットに突っ込んでいた。胃の中にはアルコール飲料が残っていた。腕時計をはめていた。金は持っていなかった。」と、また、泥棒に襲われたのではないだろう。死ぬときにはたいしてもがいていないことが検屍の結果わかる。「多分酒に酔って、入江に落ち込み、心臓麻痺で死んだのだろう」と、このように彼らは聞かされた。彼の死体が発見された場所は三輪車が発見された位置からはるか遠く距(へだた)っていた。検屍はクリークに40日浮かんでいた場合にあり得る状態とはまったく相違する状態を告げていた。
 数日後、見知らぬ男が博を訪ねて、名前も言わずに金10万円を置いていった。彼はただ一言「兄さんの御不孝については何も言わない方がいいですよ」と告げた。
 博は悩み苦しんだ。何者かに追われるかのように、横浜市磯子区森町から同市南区中村町に引っ越し、やがておしまいには故郷の田舎に帰ってしまった。彼は現在そこで暮らしているのだが、不安と恐怖にせめられて悪夢のような日々を送っている。

 

〈解説〉
 ここに紹介した文書(英文タイプ3枚)は、東京京橋郵便局1952年6月10日付けの消印で、九州大学法学部、総評、国労、日教組、自由法曹団、国民救援会、吉田三市郎弁護士、布施辰治弁護士、大手新聞社などに送られてきたものであり、その内容は共同通信を通じて地方紙にも行き渡った。
 この文書が発信された時期は、この年4月28日にサンフランシスコ(対日講和)条約が発効して、GHQ(連合国軍最高司令部)が解体され、日本の主権がともかくも回復した直後であった。そうした文脈からみると、文書の発信人はGHQに何らかの関係があった人物が、離日・離任にあたって真実を知らせておきたいと考えた可能性がある。また、あまり上等とは言えない英文からは、筆者が下級のGHQ要員または日本人である可能性もうかがえる。あるいはまた、これが進行中の松川裁判(第二審段階)に混乱を持ち込むことを狙った新たな謀略文書である可能性もあった。文書の配布先として、新聞社のほかに自由法曹団や国民救援会などが選ばれていたことも、意味がありそうである。
 これに対して、被告の有罪を確信する(すでに第一審では全員有罪判決)マスコミは無視し、弁護団側も確証のない情報に飛びついて足元をすくわれる危険を慎重に回避した。同時に、この文書の内容に関連して、関係者による慎重な調査が行われた。その結果、確かに斎藤金作なる人物が実在し、彼が失踪・怪死した事実も初めて確認された。つまり、この文書はただのニセ情報ではなかったのである。
 ここに紹介した訳文は、広津和郎著『松川事件のうちそと』(光書房、1959年3月)225~229頁から引用したが、今日では英文の原文が見つからないため、字句訂正や補筆などは最小限度に留めた。ご覧のように、手紙の内容は大きく3つの部分(帝銀・下山・松川)に分かれている。そこで、この文章に関連する限りで簡単にコメントすることにしたい。
 帝銀事件(1948.1.26) …毒薬を飲まされた銀行員12人が死亡、18万円余が奪われた。
  帝国銀行 …1944.4.1設立(三井銀行・第一銀行が合併) →48.8.1十五銀行を合併
        旧2行の事務方式の違い、人事面の対立などで業績後退 →再分割へ
        1948.9.23帝国銀行解散 →(新)帝国銀行(十五銀を含む)、第一銀行
        1954.1   (新)帝国銀行 →三井銀行に改称
  帝国銀行椎名町支店 …豊島区長崎1丁目(西武池袋線椎名町駅の北側、長崎神                                             社脇)
                  分割後は(新)帝国銀行に所属 →1950.3閉店
  平沢貞通(1892.2.18~1987.5.10) …画家、帝展に9回入選、文展に7回出品など
  事件は平沢の単独犯行と認定され、1955.4.6最高裁大法廷で死刑が確定
  平沢はその後、18回に及ぶ再審請求を行ったが、叶わぬままに95歳で獄死
  米第8軍公衆衛生課 …近くで発生した集団赤痢(チフス)の処理に深く関与
  実行犯(東京都の腕章) …「GHQの命令で集団赤痢の現場から消毒のために来 た。」
  731部隊の影 …満州での細菌・毒薬兵器の開発・使用に関わった者のみが実行可能
          米軍に各種生体実験の資料を提供することで戦争犯罪から免責措置
 下山事件(1949.7.5) …初代国鉄総裁下山定則(1901.7.21~49.7.5?)が失踪・怪死
  1949.7.6未明、常磐線綾瀬駅手前の線路上で轢断死体が発見された。
  轢断地点に至る線路上に点々と続く血痕 …他所で殺害 →現場に運び放置
  東大法医学教室による司法解剖 …死後轢断(他殺)と断定 →自殺・他殺の大論争
  折から国鉄大量首切りの名簿発表の直後であり、国労・共産党犯人説が流布された。
  ほどなくして占領軍犯人説が浮上 →強引に自殺説で幕引き
  大津 正 …当時は民主自由党議員佐藤栄作(後に首相、1901.3.27~75.6.3)の秘書
        鉄道省時代からの佐藤の腹心の部下で、下山総裁との重要な橋渡し役
  下山総裁 …今日は「佐藤さんの所に寄るのだった。」(当日朝に専用車中でつぶやき)
 松川事件(1949.8.17) …東北線金谷川~松川間で列車が転覆、機関士ら3人が死亡
  渋川村(1889.4.1) →安達町(1955.1.1) →二本松市(2005.12.1)
  斎藤金作(1908.5.9~51.2.?) …金谷川村生まれ →満州 →シベリア抑留 →帰還
  斎藤外風(金作の俳号) …松川事件の現場を目撃してしまった不安・恐怖も詠んだ。
               「宿命の試練に泣く日笑う夜」など
  斎藤金作の福島脱出 …まず東京・昭島の安斎金治(親友)を訪ね、さらに横浜へ
   「夜おそく現場をとおったら人がたくさんいた。横道へ行ってみたら引き上げる(ママ)らしかった。背の高い人間だった。そのことがあってから、しょっちゅう警察のものがきた。事件を知っているのは私一人だから、いわせまいとしてつけまわすらしい。」(安斎が金作から聞いた話、共産党機関紙「アカハタ」1958.7.16付け)
                         (2011.11.11補訂 伊部正之)